スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラミネートカードホルダー

こんばんは。
まだまだ寒い雨が降っていますね

最近戸建てを買おうと我が家では考えていますが、
ローンのことを考えるにあたり、、
今後の子どもの教育費などどれくらいかかるものなのだろうかと
真剣に計算しています

長くなっちゃうので、興味のない方はスルーしてください

私立幼稚園にはじまり、小学校は公立でよいと考えているのですが、
中学校は私立にするか、公立にするか。
関東では、結構な割合で中高一貫の私立受験をする子どもが多いそう。
私自身は田舎育ちだったから、公立の学校だったけれど、、、

とある、偏差値70越えの私立のHPを覗いたら、
入学時で、32万、毎月の納入金が、約5万(授業料・施設費。生徒会費・積立金など含む)、
1年間の教材費が4万円。
年間の合計が、64万円。
3年間の合計は約190万円なり。
ま、これには、制服代や体操服代、かばん代が記載されていなく、
通学定期代もかかるだろうし、その他文房具費用と部活費用など、、、
まぁ、こみこみ、世間で言われているとおり、
年間で100万円くらい、合計300万円くらいかかるのかも。

で、気になったのが、公立の中学校に入れて、
高校受験をするとして、3年間塾に通わせたらいくらかかるのか?ということ

文部科学省が、「子どもの教育費にいくらかかるか」について、調査していて、
平成20年度の調査報告によると、
公立の中学校で、1年間で、約20万、3年間で、60万円かかっているとのこと。
これには、習いごと代や、参考書代、塾代は含まれていない。

私立との差は、240万円。
1年間で、80万円。
3年間塾に通うとすると、
月額4万円として、年間40万くらい、
その他、夏期講習、冬期講習、受験対策、テスト代など、10万ずつとしても、30万。
で、合計70万。3年間で210万円。

私立と大して変わらないんです

私立中学のHPでは、しっかりしたカリキュラムで
夏休みや冬休みも授業があり、
塾に通う必要はありません!と明記してある。。。
↑すごいわぁ

でも、私立に受かるために、小学4年生から塾通いらしい。

東大に入るような子どもは、そんなにお金をかけなくても、
入るだけの頭を持っていると思われ、
どうしようもなく頭が悪かったら、
さくさく就職を進められるのだけれど、、、、

中途半端が一番お金かかりそう・・・・・
まぁ、自分のやりたいことを見つけられ、
困らない程度の会社に就職できたらいいなと
親としては、思っているだけなのだけれど…


長くなっちゃった。
細かい話を読んでくれてありがとう



さてさて、小物作りが続いています。
もうすぐバレンタインということもあり、
ちょっと早いのですが、パパ用にカードホルダーを作りました

パパからリクエストがあったわけではないのですが、
いろんな方のブログで見かけていたので、
一度作ってみたく、、、、


パターン:songbell :ラミネートカードホルダー (キット)

私自身ラミネートを使うのが初めてだったので、
手持ちの生地がなく、
お試し感覚で、キットを購入して作りました。
柄合わせも色々な種類があって、もっと作りたいな<ぁと思うものばかり。
20120207-02.jpg

カードホルダーとファスナーで開閉できるポケットも付いています。
ちょっとした、小銭とか、Suicaとか、ポイントカードとか入れるのに便利そう。
作り方はとっても簡単で、
ラミネートなので、ゆっくり縫いましたが、45分くらいでできました


自分用にも作ろう
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。